日本女子フットサルリーグ

ニュース

NEWS

2020-2021シーズン リモートキックオフカンファレンスを実施!

  • カテゴリ:その他
  • 配信日:2020/08/20

本日、リモートにて2020-2021シーズンのキックオフカンファレンスを実施いたしました。 日本女子フットサルリーグ所属11チームの監督(代理を含む)、選手が今シーズンの意気込みを発表いたしました。

女子スクショ

日本フットサル連盟 大立目佳久 会長 コメント
「本日は、日本女子フットサルリーグキックオフカンファレンスにご参加いただきまして、ありがとうございます。今シーズンは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、リモートでのキックオフカンファレンスとなりました。世界的に新型コロナウイルスの影響を受けるなか、日本女子フットサルリーグは9月5日(土)に兵庫県・グリーンアリーナ神戸で2020-2021シーズンの開幕を迎えます。開幕にあたり、最前線で新型コロナウイルスとたたかってくださっている医療従事者の皆さま、我々の生活を支えてくださっている皆さま、リーグ戦の開催決定に至るまでご尽力いただいた関係者の皆さま、スポンサーおよびパートナーの皆さまに、この場を借りて改めて感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。

今シーズンの日本女子フットサルリーグはフウガドールすみだレディース、SWH レディース 西宮、ミネルバ宇部の3チームが新たに加わり、全11チームでスタートします。このように国内の強豪チームが新たに参戦していただくことで日本の女子フットサル界はさらに発展し、競技力も向上すると確信しています。また、4連覇を目指すアルコ神戸、昨シーズン大活躍を遂げたバルドラール浦安ラス・ボニータス、開幕時より共に戦い躍進を続けてきたエスポラーダ北海道イルネーヴェ、流経大メニーナ龍ケ崎、府中アスレティックFCレディース、さいたまサイコロ、福井丸岡ラック、アスレジーナユニアオあいち一宮の各チームには、これまで以上に盛り上げに一役買ってくれることを期待しています。

日本女子フットサルリーグは、開幕から10月までリモートマッチ(無観客試合)での開催を発表しています。しばらくは会場にファン・サポーターの皆さまをお迎えすることはできませんが、新型コロナウイルス感染防止対策をしっかりと行い、アリーナでの試合開催を楽しんでいただけるよう準備をしてまいりますので準備が整うまで今しばらくお待ちいただければと思います。今シーズンも日本女子フットサルリーグにあたたかいご声援をよろしくお願いいたします」

PAGE TOP